神経障害とEDの関係

神経障害とEDの関係

EDの原因の一つに神経障害があげられます。

 

正常な勃起と言うのは、何らかの性的な刺激を受けた事が神経に伝わり、それが血液系統に伝わると言う順番で起きます。
しかし神経に何かの障害があったとしたら、それがスムーズに伝達されません。

 

その為に各機能がきちんと役割を果たせず、その結果勃起する事が出来ないことでEDになるという事です。

 

このようなEDの原因になると考えられている神経障害の病気には、パーキンソン病や脳腫瘍、脳出血、または何らかの脳の外傷などがあります。

 

これらは自律神経の障害を起こす事によってEDを引き起こしやすくなると考えられています。

 

しかし、これまではこれらの神経障害とEDの相関関係についてはあまり深く追求されて来なかったようです。

 

最近になって、「ED」と言う言葉が世間一般に知られるようになり、巷でもEDの治療薬が発売されるようになってきました。

 

今はリハビリの現場でも神経障害とEDの関連を受け入れて相談に乗ってくれるようになってきたと言われています。

 

ただ神経障害には様々な病気があり、治療が難しいものもあります。

 

神経障害の度合いによってはEDに大きな影響を与えてしまい、残念ながら完全なEDとなる事も珍しくは無いようですが、軽い神経障害の場合においては改善する可能性が高いと言われています。

神経障害とEDの関係関連ページ

EDの原因は生活習慣
勃起不全についてお悩みを持つ方が年々増加しているようです。当サイトではEDについて様々な情報を紹介しています。
加齢によるEDの悩みについて
勃起不全についてお悩みを持つ方が年々増加しているようです。当サイトではEDについて様々な情報を紹介しています。
生活習慣病とEDの問題
勃起不全についてお悩みを持つ方が年々増加しているようです。当サイトではEDについて様々な情報を紹介しています。
薬によるEDの可能性
勃起不全についてお悩みを持つ方が年々増加しているようです。当サイトではEDについて様々な情報を紹介しています。
腰痛とEDの関係
勃起不全についてお悩みを持つ方が年々増加しているようです。当サイトではEDについて様々な情報を紹介しています。
心因性EDの種類と原因
勃起不全についてお悩みを持つ方が年々増加しているようです。当サイトではEDについて様々な情報を紹介しています。
機能的EDの種類
勃起不全についてお悩みを持つ方が年々増加しているようです。当サイトではEDについて様々な情報を紹介しています。